2009年08月31日

ストレスで便秘になる原因

あなたは、ストレスで便秘になることがありませんか?

ストレスが溜まりすぎたり、睡眠不足が続くと
副交感神経が緊張してしまいます。

そうすると、蠕動(ぜんどう)運動が強すぎて腸が
けいれんしてしまいます。

けいれんすると、腸の幅が狭まり
便が思うように出なくなり

便秘になってしまうのです。

これを、痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)と言います。

この便秘になった人の便の特徴は
コロコロとしたウサギの便のような
便になることが特徴です。

お腹はパンパンになり、ガスが溜まってしまいます。
もし、これをほっておくと

不眠症、怒りやすい、食欲が無くなる、
疲れやすい、憂うつ

など、ストレス性の病気になってしまうこともあるんです。

痙攣性便秘の解決策は

良く寝ること。

キノコやワカメ、納豆などの、水溶性の食物繊維を
しっかりとりましょう。

不溶性の食物繊維はとりすぎないこと

何よりも、ストレスも原因を見つけて
解決するか、ストレス発散方法を見つけることです。

腸の正常に整えれば、ダイエットも上手く行きます。

あなたが真面目、責任感があればあるほど、

痙攣性便秘になりやすいですから、

肩の力を抜いて、自分のやりたい事を
やって、ストレスを発散させてくださいね。


 <広告>

  ↓ ↓

1日5分のお風呂のケアで痩せる方法

posted at 15:55
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:ダイエット
エントリー:ストレスで便秘になる原因
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

水素水スパシア

美容整形
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。